フリーローンとは

フリーローンとはどんなローン?

フリーローン

フリーローンとは、使い道が自由なローンのことです。

 

住宅ローンや教育ローン、マイカーローンといったローンの名前を聞いたことがあると思いますが、これらのローンは目的ローンといい、使い道が制限されています。

 

住宅ローンはマイホームの購入にのみ、教育ローンは教育関係の費用にのみ、マイカーローンは自家用車の購入にのみ利用できることとなっており、それ以外の目的に利用することはできません。

 

一方のフリーローンは使い道が制限されていないため、マイホームやマイカーの購入はもちろん、ショッピングや交際費、旅行費用などにも充てることができます。

 

ただし、使い道が制限されていない分、目的ローンと比較すると金利が高めに設定されているというデメリットがありますので、目的ローンで対応できるようなら目的ローンを利用したほうが良いでしょう。

 

ちなみに、フリーローンは多目的ローンやカードローン、ファミリーローンといった名称で販売されていることもあります。

 

また、フリーローンは大きく分けて「無担保型フリーローン」と「有担保型フリーローン」に分かれています。

 

以下で無担保型フリーローンと有担保型フリーローンの特徴を見てみましょう。

 

無担保型フリーローン

無担保型フリーローンとは、契約時に担保や保証人を必要としないフリーローンのことです。

 

無担保型フリーローンは、ショッピングや結婚費用、引越し費用など、小口の利用に向いています。

 

審査が簡単で通りやすいという特徴もあり、なかには最短即日で借り入れできるフリーローンもありますので、急ぎでお金を用意しなければならない方からも好評です。

 

ただし、有担保型フリーローンと比べて金利が高く、最大融資額が低いというデメリットがあります。

有担保型フリーローン

有担保型フリーローンとは、保有している不動産などを担保に充てることで利用できるフリーローンのことです。

 

不動産を保有していなければ有担保型フリーローンを利用することはできませんが、もし不動産を保有しているなら無担保フリーローンより有利な条件で借り入れすることができます。

 

無担保型フリーローンと比較して金利が低く、最大融資額が高めに設定されていますので、別荘購入や相続資金といった大口のローンに向いているといえるでしょう。

 

ちなみに、現在主流となっているのは無担保型フリーローンです。

 

最近では金利が低いフリーローンや、キャンペーンで一定期間無利息となるフリーローンなど、大変お得なフリーローンも販売されていますので、一昔前と比べると非常に利用しやすくなったといえるでしょう。

 

審査の流れは?

 

近年ではインターネットから申し込みをしてすぐに審査の結果が届くようなフリーローンもあります。

 

フリーローンの審査というのはどのような流れで行っているのかというと、まずインターネットで申し込みができるものは申し込みをした後、コンピュータが自動的に審査を行っています。

 

あらかじめ会社側で審査にクリアする条件を設定していますから、その条件をクリアした人が審査に通過します。

 

申し込みをする際には、ほとんどの会社がプルダウンから選んでいくようになっていると思います。

 

このプルダウンメニューにおいて会社側では全て点数をつけていて、この点数の合計点によって審査基準を満たしているか、満たしていないかを判断しています。

 

ここでの審査をクリアすると、そのまま借り入れに進んでいくという会社もありますが、多くの会社はここから本審査に入っていきます。

 

場合によっては会社や自宅への在籍確認などがありますし、申し込みの確認のためにも電話がかかってくることがあります。

 

この電話がかかってくるということは、ほとんど審査に通過していると言っても過言では無いですが、場合によっては、この電話がかかってきても審査に落ちてしまうこともあるようです。

 

このような審査の後に借り入れが行えるとなった場合には、必要書類が郵送されてきます。

 

契約書類に関しては主に郵送で送られてくると思いますから、必要事項を確認して記入すべき部分には記入、署名や捺印して返送します。

 

そうするとフリーローンに使うためのカードが送られてくるので自由にフリーローンを利用することが可能になります。

 

おすすめサイト情報
キャッシングどこがいい…フリーローンを中心におすすめのキャッシング。カードローンをまとめたサイトです。